ENGLISH

Facebook

Twitter

東日本大震災アーカイブ

東日本大震災アーカイブ

応募者名(チームの場合は団体名)

首都大学東京 渡邉英徳研究室+首都大学東京大学院学生有志

作品紹介動画URL

http://youtu.be/erIUbXGwSMY

利用したその他のAPI・リソース

Google Earth API, インターナビ・フローティングカーデータ(HONDA),G-BOOKプローブ情報を活用した「通れた道マップ」(TOYOTA),New York Times, Boston.com, Panoramio, GeoEye etc.配信の被災地写真,二宮章氏・古橋大地氏提供の被災地パノラマ写真,宮城大学中田千彦研究室提供の被災者証言バイノーラル音源.

作品についての説明

■被災地フォトオーバレイ
ニューヨーク・タイムズ他に掲載された100枚以上の被災地写真をGoogle Earth上で閲覧し,被災前/後の状況を比較することができます.すべての写真は,地形と立体的に重層表示されており,被害状況を三次元的に把握することが可能です.さらに,Googleの画像アップデートにも対応しており,ラジオボタンで被災前後の空中写真を切り換えることができます.二宮章氏,古橋大地氏撮影の360度パノラマ画像群も,オレンジ色のアイコンをダブルクリックすることで閲覧できます.また,被災地で収録されたバイノーラル録音音源もマッピングしています.

■通行実績情報マッシュアップ(現在非公開)
HONDA,TOYOTAが公開していた通行実績情報を,避難所や救援情報などと重層表示し,状況を俯瞰的に把握できるようにしたコンテンツ.二社による通行実績情報配信が終了したため,10月末をもってコンテンツ公開を停止しました.Twitterにおける公開時の反響をこちらで見ることができます:http://ceron.jp/url/shinsai.mapping.jp/

pagetop